1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンラインスクール「MANABIYA」、募集定員拡大&5月以降の運用継続を決定

2020年4月7日

オンラインスクール「MANABIYA」、募集定員拡大&5月以降の運用継続を決定

EnglishCentral(イングリッシュセントラル)は6日、新型コロナウイルスによる休校措置を受け開校をしたオンラインスクール「MANABIYA」の募集定員拡大と5月以降の運用継続を決定した。

3月4日に開校した「MANABIYA」は、同社のオンライン英語学習プラットフォーム「EnglishCentral」の教材を利用した学習と、すべての学習記録を把握できる管理機能をベースとした学習サポートをオンラインで実施。

当初は「定員100人」で「4月末までの実施」という予定だったが、学校の休校延長が決まると応募者が急拡大し、予定定員100人を超える状態になった。

そこで同社は、カリキュラム及び学習のサポートを行う教員資格者の充実を図る方向で、当初の募集定員を超えての受け入れ継続を行うとともに、学校再開後も引き続き家庭学習の重要性が高まると予想されることから、5月以降も運用を継続していくことを決めた。

応募者100人の内訳を見ると、全体的に小学生と大都市圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知)の利用者が多く、この傾向は4月に入ってさらに強まっている。

また、「MANABIYA」の利用目的については、「入学試験対策のため」と回答した人が4割以上おり、「資格取得のため」と「留学のため」といった進学目的の回答も25%を超えた。

その一方で、「外国人の友だちが欲しい」、「話せたらカッコいい」、「趣味娯楽のため」といった英語をコミュニケーションツールとして利用する実用目的の回答も多かった。

こうした結果に基づき、「MANABIYA」は5月以降のカリキュラムとして、将来のスピーキングテストや資格試験を想定して、小学生のうちから英語力を伸ばしていくカリキュラムや指導体制を準備。

また、実用的なコミュニケーション力を養成するために「EnglishCentral」に所属する200人以上の講師が行うオンライン英会話もメニューに組み込み、より多くの家庭で利用できるような価格で提供する予定だという。

関連URL

「MANABIYA」

EnglishCentral

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス