1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. メイツ、教育機関向け英検アプリにAIを搭載

2020年4月18日

メイツ、教育機関向け英検アプリにAIを搭載

メイツは17日、タブレット型教材「英検アプリ」において、苦手問題を作成できるAI搭載を開始した。

メイツの 英検 アプリ データ 解析 AI 機能 画面 イメージ

学習効率をアップするために、過去3年間、1万人近くの英検アプリユーザーのデータを元に、AIが各生徒に最適な問題を生成。AIを活用し英検合格に向けた学習を行う、他に例のない機能を持ったアプリが誕生するという。

大学入試、小学校英語授業で4技能が取り入れられ、その習熟度を測れる英検の需要は年々増加している。しかし通常指導だけでも忙しい教育現場では、その需要に応える事は難しい。限られた時間でも効率的に英検、4技能の学習ができるよう開発されたのが、メイツの英検アプリ。英検アプリの代表的な機能の1つに、診断テストの結果から生成される「苦手リスト作成があるが、この機能の強化をし、更なる学習効率の向上を図るためにAIの開発を行ったという。

AI が 1万人近くのアプリユーザーの正誤データから、搭載されている何千問もの問題の単元、難易度の分析を行う。分析されたデータを元に、アプリを利用する生徒の学力に合わせた最適な苦手リストが生成される。この苦手問題の解答結果も正誤データとしてAIが読み取り、その後の問題作成に活用する。日々の学習内容や、生徒の習熟度により、AI が作成する苦手問題の最適性も上がり、最大限の学習効果が期待できるという。

関連URL

メイツ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス