1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. メイツ、タブレット型教材「英検アプリ」にAIを搭載

2020年4月16日

メイツ、タブレット型教材「英検アプリ」にAIを搭載

メイツは17日、同社のタブレット型教材「英検アプリ」に、苦手問題を作成できるAIの搭載を開始すると発表した。

AI搭載で、過去3年間の、1万人近くの英検アプリユーザーのデータを元に、AIが各生徒に最適な問題を生成。AIを活用し英検合格に向けた学習を行う機能を持ったアプリが誕生する。

「英検アプリ」は、限られた時間でも効率的に英検、4技能の学習ができるように開発されたものだが、代表的な機能の1つに、診断テストの結果から生成される「苦手リスト作成」がある。

この機能を強化し、更なる学習効率の向上を図るために、今回、AIを開発し搭載した。

AI搭載で、問題生成の精度が大きく向上。AIが、1万人近くのアプリユーザーの正誤データから、搭載されている何千問もの問題の単元、難易度の分析を行う。分析されたデータを元に、アプリを利用する生徒の学力に合わせた最適な「苦手リスト」が生成される。

この苦手問題の解答結果も正誤データとしてAIが読み取り、その後の問題作成に活用する。日々の学習内容や、生徒の習熟度により、AI が作成する苦手問題の最適性も上がり、最大限の学習効果が期待できる。

AIが生成する問題は、学習者の効果的な学力向上に寄与し、英検合格に繋がる。「英検アプリ」の使用機会やユーザー数の増加が実現できれば、AIが読み込む正誤データも加算され、ひいては搭載されるAIもより精度の高い問題生成ができるようになる。

関連URL

メイツ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス