1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI型タブレット教材「Qubena」がChromebookに対応

2019年6月7日

AI型タブレット教材「Qubena」がChromebookに対応

COMPASSは6日、同社が提供するAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」がChromebookに対応したことを発表した。

0607-qbGoogleが提供するChrome OSを搭載したChromebookは、利便性の高さや管理・運用のしやすさ、セキュリティ面の安全性、低コストでの導入・運用が可能であるなどの理由から、教育機関に適した端末として米国のみならず、日本においても学校や自治体での採用が拡大している。

COMPASSはQubenaのiOS版・Android版を全国の学校や学習塾へ向けて提供してきたが、対応端末の拡大を通してより多くの教育環境で利用できるよう、このたびChromebookへの対応に至った。

対応端末はAcer Chromebook Spin 11 R751T-N14N、ASUS Chromebook Flip C101PAならびにC213NA、その他の機種についてもタッチスクリーンおよびAndroidアプリを正式サポートするタッチスクリーン搭載Chromebookに順次対応を予定している。

関連URL

COMPASS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス