1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、近大附属中学が導入を決定

2019年3月28日

AI型タブレット教材「Qubena」、近大附属中学が導入を決定

COMPASSは27日、同社のAI(人工知能)型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、近畿大学附属中学校で指導の一環として採用され、4月から利用開始されると発表した。

0328-qb近畿大学附属中学校は、一人ひとりに個別最適化された学習、詳細で分かりやすい解説、自動正誤判定を利活用することで、生徒の学力のばらつきに対するサポート体制の拡充や学習意欲を向上させることを目的に、「Qubena」の採用を決定した。

また、同校では、進路や習熟度別に3コースにクラス分けを行っているが、コース間に生まれる学習進度の差についても、「Qubena」の学習効率で補えることに期待を寄せているという。

導入対象は、中学1年〜3年生の全生徒約850人。週6回の数学の授業の中で、教員による導入指導を行なった後に、「Qubena」を基礎・基本事項の定着のための演習教材として活用する。

「Qubena」での演習中は、教員はファシリテーションと学習フォローを担う。また、「医薬コース」「英数コース・アドバンスト」「英数コース・プログレス」の3コース、全クラスの数学の授業で「Qubena」を活用する。

「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現させる。小学校算数・中学校数学・高校数学IAⅡBに対応している。

関連URL

Qubena

COMPASS

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス