1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、長野県公立小学校に試験導入

2018年11月28日

AI型タブレット教材「Qubena」、長野県公立小学校に試験導入

COMPASSは27日、中山間地域リーディングスクール指定の長野県公立小学校の算数の授業と家庭学習において、同社のAI型教材「Qubena (キュビナ)」が試験導入されたと発表した。

d24557-20-211804-0

長野県の「中山間地域の新たな学びの創造事業」は、県内に多く見られる中山間地域特有の少人数学級の特徴を生かしながら、ICTを活用した最先端の学びを実現することを目的としている。

そのモデル校として選出された中山間地域リーディングスクールでは、今年8月から、少人数の良さを生かした「単元内自由進度学習」と、少人数学級の課題である児童同士の対話の中で生まれる学びの実現のため、複数校舎における同時接続授業が可能な「テレビ会議システム」を授業に採用している。

「Qubena」は、一人ひとりに最適な学習を実現するアダプティブラーニングの特性を活かし、単元内自由進度学習において、個に応じた質の高い学びの実現を目的として導入され、自由進度学習と同時接続授業によるグループ学習との相乗効果で、児童の学習意欲向上を目指す。

導入は、中山間地域リーディングスクールの栄村立栄小学校本校と秋山分校、提携校の飯山市立東小学校の5年生の児童を対象に、10月から2019年3月までの期間実施される。

関連URL

長野県教育委員会平成30年度予算「中山間地域の新たな学びの創造事業」(PDF)

COMPASS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら 偏差値40台から70台へ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • ドローンを活用したプログラミング教育の講師養成講座 受講者募集中 DRONE STAR Academy
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス