1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 白鵬女子高、AI型タブレット教材「Qubena」を導入

2019年8月28日

白鵬女子高、AI型タブレット教材「Qubena」を導入

COMPASSは27日、同社のAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が神奈川県横浜市にある白鵬女子高等学校の指導の一環として採用され、今年4月から利用開始されたことを明らかにした。

Qubenaは、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。小学校算数・中学校数学・高校数学ⅠAⅡBに対応し、高校数学は河合塾と共同開発している。

また、集団指導に特化した「ワークブック」機能では、Qubenaに搭載された数万問の問題から、出題範囲や問題の難易度、出題する問題、出題順を自由にカスタマイズしてワークブックとして生徒に配信することで、授業演習だけでなく、小テストや宿題などさまざまな学習シーンで活用できる。

同校ではQubenaの導入によって、従来小テストを実施することでしか把握しきれなかった生徒の学習理解度を、授業中に簡単に把握できるようになり、教師が生徒一人ひとりを見てまわり指導する時間的なゆとりが生まれたとしている。また、Qubenaでの学習は気軽に取り組むことができることから、数学が苦手な生徒への精神的負担も軽く、自発的に数学に取り組む生徒も増加したという。

関連URL

白鵬女子高等学校

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス