1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. COMPASS、AI型タブレット教材「Qubena」を千葉明徳高が導入

2019年4月23日

COMPASS、AI型タブレット教材「Qubena」を千葉明徳高が導入

COMPASSは22日、同社が提供する人工知能(AI)型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が千葉明徳高等学校に採用され、4月から利用が開始されたと明らかにした。

0423-qb「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。小学校算数・中学校数学・高校数学ⅠAⅡBに対応しており、高校数学は河合塾と共同開発している。

また、集団指導に特化した新機能「ワークブック」では、Qubenaに搭載された数万問の問題から、出題範囲や問題の難易度、出題する問題、出題順を自由にカスタマイズしてワークブックとして生徒に配信することで、授業演習だけでなく小テストや宿題などさまざまな学習シーンで活用できるようになった。

千葉明徳高等学校では、生徒の学力のばらつきに対し、教員が個別に生徒をサポートし対応していたこと、また、進路や習熟度に応じて設置された4つのコースについて、それぞれ授業準備を行う必要があったことが、教員の大きな負担となっていたが、Qubenaの導入によってこうした課題の解決を目指している。

同校1年生と2年生の約750名が対象となる。数学の授業の中で、教員による導入指導を行った後に、基礎の定着のための演習教材としてQubenaを活用。また、Qubenaの「ワークブック」機能を使用して、家庭学習の課題配信と朝学習の時間での小テストを実施する。

「中高一貫コース」「特進コース」「進学コース」「アスリート進学コース」の4コースすべてのクラスの数学の授業において、高校数学のQubenaを活用するほか、一部クラスでは習熟度に応じて中学生範囲のQubenaを復習に活用する。

関連URL

COMPASS

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス