1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. COMPASS、教育格差解消に取り組むNPOに「Qubena」を無償提供

2018年7月12日

COMPASS、教育格差解消に取り組むNPOに「Qubena」を無償提供

COMPASSは11日、同社の人工知能型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」を、貧困による教育格差解消に取り組むNPO法人へ無償提供するプログラムを開始すると発表した。

d24557-12-917365-1プログラムの第1弾として、NPO法人キッズドア東北事業部が運営する「タダゼミ仙台」へのQubena無償提供を実施する。

QubenaはAIを搭載した学習パートナー。生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。

「タダゼミ仙台」では、中学3年生を対象に高校受験対策講座を無料で提供しており、週1コマの数学の授業と自習室での学習でQubenaが利用される。Qubenaの得意とするアダプティブラーニングで、生徒のつまずきポイントを見つけ、高い学習効果で苦手単元の解消を目指していく。

関連URL

COMPASS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス