1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 全国約1000施設が導入する「れんらくアプリ」、小中高校にも拡大

2018年7月12日

全国約1000施設が導入する「れんらくアプリ」、小中高校にも拡大

VISHは11日、同社の幼稚園・保育園・認定こども園向け「れんらくアプリ」(園支援システム+バスキャッチサービス) を、小中高等学校へ向けて提供を強化していくと発表した。

LL_img_160758_1「れんらくアプリ」では、施設からの一斉メール配信や手紙のデータ配信、アンケート配信など、また保護者からの欠席・遅刻・早退連絡、オプションとして送迎バスの位置情報配信などを行うことができる。

初期費用は無料で、月額8000円 (税別) で利用可能 (1施設での利用料金)。近年、小中高等学校での導入が増えており、同社では、同サービスの導入により保護者のニーズに応えるとともに、学校職員の負担軽減にもつながるとしている。

関連URL

れんらくアプリ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録