1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 高校生が学校対抗で競う「科学の甲子園全国大会」来春開催

2018年7月12日

高校生が学校対抗で競う「科学の甲子園全国大会」来春開催

科学技術振興機構(JST)は、全国の高校生が学校対抗で科学の力を競う「第8回 科学の甲子園全国大会」を、2019年3月15~18日の4日間、埼玉県内の2会場で開催する。

同大会では、各都道府県から選出された代表校が、科学技術・数学・情報の複数分野で競技を行い、総合点を競い合う。

全国大会出場チームは、1都道府県1チームで、1校単位で編成。高校1、2学年の生徒で構成し、人数は6人以上8人以内。

競技は筆記と実技の2つ。筆記競技は理科、数学、情報の中から、習得した知識をもとにその活用について問う問題で、教科・科目の枠を超えた融合的な問題も出題される。

実技競技は理科、数学、情報に関わる実験、実習、考察など科学技術を総合的に活用して、ものづくりの能力やコミュニケーション能力などで課題を解決する力を競い合う。

筆記、実技ともに、各出場チームが競技ごとに定められた複数人の競技チームを構成し、問題などを分担、相談するなど協働して成果を創出して競い合う。各競技の成績点数の合計で優勝チームを決定。優勝チームには文部科学大臣賞が授与される。

開催概要

開催日程:2019年3月15日(金)~18日(月)
開催場所:
ソニックシティ [埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5]
サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)[埼玉県さいたま市桜区道場4-3-1]

関連URL

科学の甲子園

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録