1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、島根県海士町の全小中学校が導入

2019年7月9日

AI型タブレット教材「Qubena」、島根県海士町の全小中学校が導入

COMPASS(コンパス)は8日、同社のAI(人工知能)型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、地方自治体として初めて、島根県隠岐郡海士(あま)町の全町立小中学校で正式採用された、と発表した。

0709-qb隠岐諸島の離島にある人口約2300人の海士町は、人口減少や少子化が深刻化。それに伴い、児童生徒への十分な教科指導と、教材や授業研究の時間が確保できないことなどの問題を抱えていた。

そこで今回、アダプティブラーニングによる児童生徒一人ひとりに応じた教科指導と基礎学力の定着、教員の負担軽減を目的に、海士町立の福井小学校、海士小学校、海士中学校の3校で「Qubena」を導入した。

小中学校の算数・数学の授業の中で「Qubena」を活用するほか、複式学級の小学校では、複数の学年が混在した授業内でもアダプティブラーニングで各児童の学年やレベルに合わせた学習を実施。

また、教員はリアルタイムに更新される学習管理の機能を使い、児童生徒への指導を強化。

AIを搭載した「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習ができる。

同社が運営する学習塾では、中学数学の1学年分の学習範囲を平均28時間で学習修了するという。小学算数・中学数学・高校数学IAⅡBに対応、高校数学は河合塾と共同開発している。

関連URL

Qubena

海士町

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス