1. トップ
  2. 学校・団体
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、大阪・初芝富田林中高の全学年で採用

2020年3月12日

AI型タブレット教材「Qubena」、大阪・初芝富田林中高の全学年で採用

COMPASS(コンパス)は11日、同社のAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が初芝富田林中学校高等学校(大阪府富田林市)の全学年に採用されたと発表した。

同校では、従来の教員による一方向型授業だけではなく、生徒一人ひとりの理解度に応じた個別最適学習(アダプティブ・ラーニング)の実現を目的に、昨年12月から一部学年でQubenaを利用開始。2020年度は中学校・高校全学年に導入する。

導入するサービスは、Qubena小学算数・中学数学、Qubena高校数学ⅠAⅡB by河合塾。対象は、同校の中学・高校の全学年の生徒約1200人。

数学の授業で、教員による導入の後、Qubenaを使って演習を行う。教員はファシリテーターとして生徒の自発的学習を支援。

また、宿題や長期休暇の課題に、指導者用学習管理ツール「Qubena Manager」のワークブックモード(問題配信機能)を利用して、家庭学習の充実を図る。

同校では、生徒の個々の学力に応じた問題選択がなされ、理解不足のまま先に進むことがない、従来のプリント配布方式では生徒一人ひとりに対応することは不可能に近いがこれを実現している、手書き入力により従来のノートと鉛筆による学習環境とのギャップが少ない、などの点を評価してQubenaを導入した。

また、Qubena導入で、数学が不得意な生徒でも積極的に学習に取り組むようになったほか、一人ひとりに最適な問題が出題されており、「解ける」という成功体験が得られているなどの効果があったという。

関連URL

Qubena

初芝富田林中高校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス