1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI型タブレット教材「Qubena」、奈良市の全市立小中学校で利用開始

2021年3月26日

AI型タブレット教材「Qubena」、奈良市の全市立小中学校で利用開始

COMPASSは25日、同社のAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ) 」が、奈良市の全市立小中学校で指導の一環として正式採用され、今年2月から利用が開始されたと発表した。

奈良市は、文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」に基づき、児童生徒1人1台の学習者用端末を昨年9月にいち早く整備。

さらに、ハードウェアの整備と並行して、市が目指すICT を活用した個別最適化学習の実現を図るため、市の教育の方向性に合致したソフトウェアの選定を行う中で、「Qubena」の採用を決定した。

同市では今後、学校での活用に加えて、学習用端末の持ち帰りによる家庭学習での「Qubena」の活用も予定している。

同社では現在、全国約100の自治体、公立・私立小中高合計で750校、約20万人に対して、算数/数学、英語に対応した「Qubena」を提供。

2021年度からは対応教科を大幅に拡大し、国語・理科・社会を加えた主要5教科対応となるため、多くの自治体で採用が進んでいる。

関連URL

「Qubena」

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス