1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活生の73.4%が「先輩と比較して今年の就職活動は厳しくなる」と回答=マイナビ調べ=

2021年3月26日

就活生の73.4%が「先輩と比較して今年の就職活動は厳しくなる」と回答=マイナビ調べ=

マイナビは25日、2022年卒業予定の全国の大学生・大学院生計2727人を対象に実施した、「学生就職モニター調査・2月の活動状況」の結果をまとめ発表した。


それによると、2022年卒業予定の大学生・大学院生に、先輩と比較して今年の就職活動はどうかを聞いたところ、「厳しくなる」と回答した学生は73.4%(「かなり厳しくなる」+「多少厳しくなる」の合計)で、前年同時期より10.2pt増加した。

厳しくなる理由としては、「新型コロナの影響があると思うから」79.2%、「企業の採用人数が減ると思うから」68.4%、「景気が悪い(悪くなる)と思うから」56.9%が上位に拳がっており、新型コロナの影響による景気動向や企業の採用状況に対する懸念があるようだ。

現時点で就職活動に対し不安がある割合は89.7%で、前年同月比より0.5pt減少。前年同様、「企業から内々定をもらえるかどうか」76.3%、「面接でうまく話せるかどうか」76.0%、を不安に思う学生が多かった。

一方で、不安の要因として「交通費など金銭的負担が大きい」と回答した割合は、前年同月比41.8pt減の16.6%で、オンラインの活用が進み学生の費用負担が減少している。

企業を選ぶときに特に注目するポイントを20の選択肢から上位3つ選んでもらったところ、「在宅勤務など新型コロナウイルス感染症から社員を守る施策を行っている」51.4%、「社員の人間関係が良い」36.8%、「自分が成長できる環境がある」34.0%の割合が高かった。

また、理系学生に2月の活動状況を聞いたところ、「企業の研究所・工場などを見学した」学生は、学部生で15.9%(前年比25.1pt減)、院生では23.6%(前年比36.7pt減)とコロナの影響で前年より大きく減少した。

インターンシップに参加したことで志望度が上がった理由を聞いたところ、「社員や人事の印象」47.0%の割合が最も高く、次が「職場の環境や雰囲気」41.7%だった。

一方、志望度が下がった理由では、「自分に合ってないと感じた」24.3%の割合が最も高かった。

この調査は、2022年卒業予定の全国の大学3年生および大学院1年生を対象に、2月24日~28日にかけて、WEB上のアンケートフォームに入力という形で実施。有効回答数は2727人で、内訳は文系男子508人、理系男子695人、文系女子753人、理系女子771人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • その問題、弱点にきちんと効いていますか? スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス