1. トップ
  2. 学校・団体
  3. コンパス、AI 型タブレット教材「Qubena」が共愛学園中学に導入

2019年7月2日

コンパス、AI 型タブレット教材「Qubena」が共愛学園中学に導入

COMPASS(コンパス)は1日、同社の人工知能(AI)型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、共愛学園中学校(群馬・前橋市)に指導の一環として採用され、6月から利用開始されていると発表した。

0702-qbAIを搭載した「Qubena」は、生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導する。

同社が運営する学習塾では、中学校数学の1学年分の学習範囲を平均28時間で学習修了。小学校算数・中学校数学・高校数学IAⅡBに対応し、高校数学は河合塾と共同開発。

「集団指導」に特化した新機能「ワークブック」では、Qubenaに搭載された数万問の問題から、出題範囲や問題の難易度、出題する問題、出題順を自由にカスタマイズしてワークブックとして生徒に配信。授業演習だけでなく、小テストや宿題など様々な学習シーンで活用できるようになった。

共愛学園中学では、この「Qubena」を1年生103人に導入した。数学の授業の中で、教員による導入指導を行なった後に、教科書の問題演習に加えて、「ワークブック」機能を使用して演習問題や小テストを配信。

教員は、生徒が問題を解いている間は自発的学習を促しコーチング指導を行う。週末や長期休みの課題に、「ワークブック」機能を使用して家庭学習の課題を配信し、演習量を増やすことで基礎力を固めている。

理数系科目が重要視される昨今、同校でも、生徒の将来の選択肢を広げるため、生徒一人ひとりに個別最適化された学習(アダプティブラーニング)を通して、数学の得意不得意に関わらず数学の基礎学力を向上するために、「Qubena」を導入したという。

関連URL

Qubena

共愛学園中学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス