1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東南アジアでオンライン教育事業を展開する「Manabie」、5.2億円の資金調達

2020年4月23日

東南アジアでオンライン教育事業を展開する「Manabie」、5.2億円の資金調達

東南アジアでオンライン教育事業を展開する「MANABIE INTERNATIONAL PRIVATE LIMITED」(Manabie:マナビー)は22日、創業1年で総額$4.8M(約5.2億円)の資金調達を実施したと発表した。

Manabie集合写真

調達先は、エンジェル&シードラウンドで本田圭佑氏、梅田望夫氏、有安伸宏氏、松本恭攝氏、福島良典氏、渡辺雅之氏、大湯俊介氏、ジェネシア・ベンチャーズ社ほか、国内外の個人投資家やベンチャーキャピタル。

Manabieは、東南アジア(現在はベトナムが中心)をベースに、小中高生向けオンライン学習アプリの提供、学習センター(OMO型デジタル学習塾)の運営、また、現地の私立学校や日本人学校向けのオンライン移行サポート事業を展開している。

同社は、「学習を継続する仕組み」を実装した学習アプリの提供とOMO型デジタル学習塾の展開を開始しているが、今回の調達資金をもとに、今後はベトナム全域、東南アジア全域への展開を進めていく方針。

新型コロナウイルスによる休校や閉鎖が続く日本国内を含めた学校に対して、オンライン化を推し進めるサポートも拡大していく。

また、休校や閉鎖が続く学校に対して、「学校教育のデジタルトランスフォーメーション」を推進するために、教育関係者向けに「学校のオンライン移行ガイドブック」を公開した。

関連URL

「学校のオンライン移行ガイドブック」

Manabie

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス