1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DHU、学発ベンチャー「ToposWare」シードラウンドで約2億円の資金調達

2020年5月8日

DHU、学発ベンチャー「ToposWare」シードラウンドで約2億円の資金調達

デジタルハリウッド大学(DHU)は7日、同学発のベンチャー「ToposWare」がシードラウンドで約2億円の資金調達を完了したと明らかにした。

同学では、デジタルコミュニケーションが基盤となる社会をより幸せにする提案を行い、自ら実装する機関を作るというビジョンのもと、学発ベンチャーを支援している。このたび、同学が創業支援を行ったToposWareが資金調達を完了した。

ToposWareは、デジタルハリウッド大学大学院の修了生であるゴーチエ・テオ・ケビン氏とタリック・ジャワド氏によって創業された。両氏は高度なデータセキュリティを求める行政機関や企業、個人に向けたプライバシー・ブロックチェーンを開発した。

暗号資産の決済はもちろん、文字列やファイルなどの多様なデータを対象に、高度な秘匿性と改ざん耐性を実現するため、「ゼロ知識証明」という、ある知識を送信せずにその知識を保有していることを証明する暗号論的手法を活用している。プロトコルレベルでの開発で、マシンパワーや電力を使わないローコストブロックチェーンのプロトコル開発に成功し、太陽電池とマイコン上で運用できることを実証したという。

このたび、マネックスグループの松本大社長やミクシィの笠原健治会長をはじめとしたエンジェル投資家、デジタルハリウッドをはじめとする事業会社を引受先とした第三者割当増資を実施し、4月30日までに1億9700万円のシードラウンドの資金調達を完了した。

これにより、ゼロ知識証明を利用したブロックチェーンの提供と、データプライバシーを求める企業との実証実験を今年中に進める運びとなった。

関連URL

ToposWare

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス