1. トップ
  2. データ・資料
  3. 朝日学生新聞社、休校中最も望んでいたのは「教師との双方向オンライン授業」

2020年5月25日

朝日学生新聞社、休校中最も望んでいたのは「教師との双方向オンライン授業」

朝日学生新聞社は、新型コロナウイルス感染防止に伴う学校の休校について、小学生の保護者と、中高生の保護者または本人にアンケートを実施し、22日その結果を公表した。

調査は4月30日~5月6日に行われ、朝日小学生新聞、朝日中高生新聞を購読中または過去に購読していた人を中心に、小学生1018名、中高生176名の有効回答を得た。

それによると、休校中の学習形態として最も望んでいるのは「教師との双方向オンライン授業」だったが、調査時点で実現していた学校は1割に満たず、塾では3割強だった。

休校中も学校や塾から課題が出されているが、半数の児童生徒は自主的な学習にも取り組んでおり、3割は無料の参考書や動画も使用していた。また、学習の遅れよりも「友だちと会えないこと」「運動不足」を心配している傾向が見られた。

さらに自由回答からは、オンライン授業の未整備、学校再開の見通しに対し保護者の強い困惑が窺える一方で、自分のペースで学習ができるようになった、興味のある学びを深める機会になった、家族のコミュニケーションが増えたなど、休校を良い機会ととらえている意見も見られた。

関連URL

調査の詳細

朝日学生新聞社

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス