1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「ビデオ通話サービス」利用率1位「LINE」2位「Skype」=ジャストシステム調べ=

2020年5月27日

「ビデオ通話サービス」利用率1位「LINE」2位「Skype」=ジャストシステム調べ=

ジャストシステムは26日、「動画&動画広告 月次定点調査(2020年4月度)」の結果を発表した。

調査は17歳~69歳の男女1100名を対象に行われた。それによると、インターネットを利用して互いに映像を見ながらリアルタイムに通話できる「ビデオ通話サービス」について、「利用したことがある」人が40.6%、「知っているが利用したことはない」人が40.2%で、合わせて約8割が「ビデオ通話サービス」を認知していた。

「ビデオ通話サービス」の利用経験者に複数回答で利用したことのあるサービスを聞いたところ、1位が「LINE」61.5%、次いで「Skype」39.7%、「Zoom」28.2%、「FaceTime」27.0%と続いた。

「ビデオ通話サービス」の利用経験者のうち約6割の人が、新型コロナウイルスの影響で「ビデオ通話サービス」の利用が「増えた」「やや増えた」と答えた。

また、個人で「ビデオ通話サービス」を利用する場合の通話人数を訊ねたところ、「2人」がもっとも多く53.6%、次いで「3~5人未満」47.7%となった。「ビデオ通話サービス」を利用する理由としては「対面せずに会った気分を味わえるため」を挙げた人が48.7%ともっとも多かった。

関連URL

調査レポートのダウンロード

Fastask

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス