1. トップ
  2. データ・資料
  3. 10代20代の約4割が動画コンテンツを日常的にシェア、ジャストシステム調べ

2019年5月22日

10代20代の約4割が動画コンテンツを日常的にシェア、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは21日、「動画&動画広告 月次定点調査(2019年4月度)」の結果を発表した。

同調査は情報サイト「Marketing Research Camp」でネットリサーチサービスFastaskを利用して、17歳~69歳の男女1100名を対象に実施された。それによると、スマートフォンで最も閲覧頻度が高いコンテンツとして挙がったのは「ニュース」16.4%、次いで「友人や知人からのメッセージ」「気温や天気などの情報」となった。10代に限ってみると「ゲーム」14.0%が最も多く、20代は「動画」15.0%が最も多かった。

週1回以上動画を視聴する人のうち、動画を「頻繁にシェアする」人は8.2%、「ときどきシェアする」人は16.6%、「あまりシェアしない」人は22.7%、「シェアしたことのない」人は47.3%だった。10代と20代に限ってみると、「頻繁にシェアする」「ときどきシェアする」を合わせて、約4割が日常的に動画コンテンツをシェアしていることが分かった。

動画コンテンツを「頻繁にシェアする」「ときどきシェアする」人にシェアするサービスを複数回答で訊ねたところ、「YouTube」が最も多く61.8%、次いで「Twitter」が54.2%だった。男女差が最も大きかったのは「Instagram」で、男性が35.4%に対して女性が50.0%だった。

今年の花見で「画像をSNSに投稿した」人は11.5%、「動画をSNSに投稿した」人は7.3%だった。中でも、10代は14.0%、20代は19.0%と、他の年代に比べて高いことが分かった。

関連URL

調査結果レポート

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス