1. トップ
  2. データ・資料
  3. 7割以上が既に「AIスピーカー」を認知、ジャストシステム調べ

2018年2月15日

7割以上が既に「AIスピーカー」を認知、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは14日、「人工知能 (AI) &ロボット月次定点調査 (2018年1月度)」の結果を発表した。

fa_report-ai-20180214.pdf-000058それによると、AIスピーカーについて「所有している」人が5.7%、「購入を検討している」人が10.4%、「興味はあるが、購入は検討してしない」人が30.6%、「知っているが、興味はない」人が27.6%で、合わせて7割以上の人がAIスピーカーを認知していることが分かった。昨年6月の同調査では43.5%で、この半年で30.8ポイントも認知度が向上した。

AIスピーカーを認知している人のうち、「Google Home」に興味がある人 (所有している、所有していないが興味はある人の合計) は39.6%で最も多く、続いて「Amazon Echo」30.7%、「LINE Clova」23.8%となった。

最も利用されているAIスピーカーの機能は「音楽コンテンツ再生」で47.6%、次いで「アラームなどのスケジュール管理」46.0%、「ニュースの読み上げ」36.5%であった。また、「AIとの会話」を頻繁にしている人は28.6%、「家電の操作」は20.6%となった。

AIスピーカー所有者の9割近くが「満足 (かなり満足、満足、やや満足の合計)」と回答しており、AIの発達による利便性の向上に3人に2人が「期待している」という結果が得られた。

調査は15歳~69歳の男女1100名を対象として、情報サイト「Marketing Research Camp」にてネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施されたもの。

関連URL

調査結果の詳細

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス