1. トップ
  2. データ・資料
  3. 7割以上が既に「AIスピーカー」を認知、ジャストシステム調べ

2018年2月15日

7割以上が既に「AIスピーカー」を認知、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは14日、「人工知能 (AI) &ロボット月次定点調査 (2018年1月度)」の結果を発表した。

fa_report-ai-20180214.pdf-000058それによると、AIスピーカーについて「所有している」人が5.7%、「購入を検討している」人が10.4%、「興味はあるが、購入は検討してしない」人が30.6%、「知っているが、興味はない」人が27.6%で、合わせて7割以上の人がAIスピーカーを認知していることが分かった。昨年6月の同調査では43.5%で、この半年で30.8ポイントも認知度が向上した。

AIスピーカーを認知している人のうち、「Google Home」に興味がある人 (所有している、所有していないが興味はある人の合計) は39.6%で最も多く、続いて「Amazon Echo」30.7%、「LINE Clova」23.8%となった。

最も利用されているAIスピーカーの機能は「音楽コンテンツ再生」で47.6%、次いで「アラームなどのスケジュール管理」46.0%、「ニュースの読み上げ」36.5%であった。また、「AIとの会話」を頻繁にしている人は28.6%、「家電の操作」は20.6%となった。

AIスピーカー所有者の9割近くが「満足 (かなり満足、満足、やや満足の合計)」と回答しており、AIの発達による利便性の向上に3人に2人が「期待している」という結果が得られた。

調査は15歳~69歳の男女1100名を対象として、情報サイト「Marketing Research Camp」にてネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施されたもの。

関連URL

調査結果の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス