1. トップ
  2. データ・資料
  3. 8割の子どもが「スマホは勉強に有効」と回答、ドコモ調査

2018年2月15日

8割の子どもが「スマホは勉強に有効」と回答、ドコモ調査

NTTドコモは2日、子どもとスマートフォンについて考えるための特別サイト「親のための子どもスマホ“必修”講座」をオープン、スマートフォンを持つ子どもたちのリアルな実態調査の結果を発表した。

d29204-5-895238-0調査は全国のスマートフォンを持つ12歳~18歳の子ども1204人を対象に実施された。それによると、8割以上の子どもが「スマホは勉強に有効だと思う」と回答。「特に勉強には活用していない」と答えたのは約1割に過ぎなかった。さらに、勉強への活用方法を訊ねたところ「分からないことをネットで調べる」が80.2%で最も多く、勉強で分からないところをネットの情報を集めることで解決している様子が窺えた。また、約3割が「勉強用アプリを使用」と回答している。

全国30代~50代の小学生から高校生の子どもを持つ親を対象とした調査では、子どもにスマートフォンを持たせる際に最も不安に感じるのは「SNSトラブル」という回答が寄せられているが、子どもたちにTwitterやInstagramなどのSNSをどのように活用しているかを複数回答で質問したところ、1位は「ひまつぶし」58.3%、2位「趣味など情報収集」56.3%、3位「友達との連絡手段」54.7%となり、単なる情報発信の場所としてだけでなく、SNSは子どもたちに連絡手段として認識されていることが分かった。

また、「スマホ (携帯含む) を持っていない友達とのコミュニケーションに不便さを感じますか?」という質問に対して、65.3%が「不便だと感じる」と回答。大人社会だけでなく、子ども社会においてもスマートフォンが必須のツールとなっていることが窺えた。

関連URL

親のための子どもスマホ“必修”講座

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 申請は3月30日(金)まで 総務省 補助金で安定・高速のネット環境 チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録