1. トップ
  2. データ・資料
  3. スマホ購入、こども「1年以上かかった」親「すぐ買ってあげた」

2018年3月5日

スマホ購入、こども「1年以上かかった」親「すぐ買ってあげた」

NTTドコモ(ドコモ)は2日、スマートフォンにまつわる子どもと親の意識の違いに関する2つのアンケート調査結果をまとめ発表した。

0305-dcドコモでは2月2日に、子どもとスマートフォンについて考えるための特別サイト「親のための 子どもスマホ“必修”講座」をオープン。スマートフォンを持っている全国の12~18歳の子ども1204人と、小学生から高校生の子どもをもつ全国30~50代の親1030人を対象にした、スマートフォンに関するそれぞれのアンケート調査を実施。2つの調査を比較することで、スマートフォンにまつわる子どもと親の意識の違いなどを浮き彫りにした。

まず、スマートフォンを「親にお願いして、買ってもらうのにどのくらいかかったか?」という質問に対し、最も多かった中高生の回答は「1年以上経過してから購入」の約35%。

一方、30~50代の親を対象にした調査で「検討をはじめてから子どもへのスマホ購入までにかかった期間はどのくらいか?」と聞いたところ、最も多かったのは「検討後すぐに購入」の約34%。

つまり、親と子どもの意識・認識には大きなズレがあることが分かった。子どもが一生懸命おねだりをし始めたころ、親はまだまだ検討すらしていないのかもしれない。

また、「自身のスマホ機種を答えて」と尋ねたところ、圧倒的に多かったのは「iPhone」の約72%。「実際に希望した機種を買ってもらえたか?」との質問には、「買ってもらえた」が85%以上に上った。

では、なぜその機種が欲しかったのか。実際に聞いてみると1位は「人気の機種だから」の約40%。2位は「デザインが良いから」の約30%だった。

一方で、親への調査で、「子どものスマホをなぜその機種にしたのか」と聞いたところ、「自分(親)と同じ機種だから」が最も多く約30%。親と子、それぞれ理由は違えど結局は iPhone が大人にも子どもにも人気のようだ。

関連URL

親のための 子どもスマホ“必修”講座

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス