1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉商科大、春学期の授業はすべてオンラインによる遠隔授業

2020年6月4日

千葉商科大、春学期の授業はすべてオンラインによる遠隔授業

千葉商科大学は3日、新型コロナウイルスの影響で、2月末からキャンパスへの入構禁止措置を取り、春学期の授業はすべてオンラインによる遠隔授業で行うと発表した。

学部は5月11日から、大学院は5月9日からオンラインによる春学期の授業を開始。オンライン授業は、学生向けポータルサイトやMicrosoft Teamsを使用し、課題提出型、動画・音声配信型、双方向ライブ型で実施。複数の学部と大学院課程では、授業開始前にオンライン始業式・オンライン開講式も開催した。

外国語や異文化に親しめる施設「CUC International Square(通称:iSquare)」では、インターネットを通じてできる国際交流の場「vSquare(ヴィースクエア)」を今学期中、実施。

また、5月27日~6月2日には、10社の企業説明動画を配信し、学生が企業にエントリーできる「Web合同企業説明会」を開催。今後も、合計3回の開催を予定している。Microsoft Teamsを活用したビデオ通話(または音声通話)での就活相談も、6月に実施予定。

高校生を対象としたオンラインオープンキャンパスでは、ビデオ会議アプリ「ZOOM」を使用して、大学や各学部の説明、入学センター職員が開催中に常時質問を受け付ける「オンラインなんでも相談コーナー」、入試説明会などを実施。これまでに1500人を超える生徒、保護者が参加している。

また、学位論文(学士・修士・博士論文)執筆のために資料を必要とする在学生を対象に、図書の宅配貸出サービスも実施。図書の貸し出しはメールで受付けており、全学生を対象に自宅からアクセスできるデータベースや電子書籍などを案内。

学生が、安心してキャンパスライフが送れるよう「心の相談」ができる健康サポートセンターでは、Microsoft Teamsを使用したビデオ通話(または電話)での相談を受付けている。

関連URL

千葉商科大学

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス