1. トップ
  2. 学校・団体
  3. バンタン、農園実習は遠隔で 製菓学部でITサービス「ミエファーム」を導入

2020年8月7日

バンタン、農園実習は遠隔で 製菓学部でITサービス「ミエファーム」を導入

バンタンが運営する製菓・カフェ・調理の専門校「レコールバンタン」は5日、新型コロナウイルス感染症の影響により農園実習に使用している畑に行くことが出来ない生徒向けに、ITベンチャーのキューズが提供する画像配信サービス「ミエファーム」を導入したと発表した。

世界的に有名なパティシエの鎧塚俊彦氏が監修しているレコールバンタンのグラン パティシエ学部では、鎧塚氏が大切にしている「素材から作るお菓子作り」をコンセプトとし、製菓実習といった実践授業のほか、製菓作りに使用する野菜やフルーツといった“素材”を育てて自ら収穫する農園実習を行っている。

2年生を対象に、神奈川県小田原市にある栢山ふれあい農園で、クラス全員で一つの畑を所有し、週に1度の農園実習を通してナス、インゲン、トマト、バジル、イチゴなど季節の野菜やフルーツの管理から収穫までを行い、採れたての野菜やフルーツを使った製菓実習に取り組むという。

今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、新学期が始まった4月から農園へ行くことが出来ず、農園実習を中断せざるを得ない状況となったが、同農園で野菜栽培を行っているキューズの協力のもと、農園に行かずともスマートフォン一つで畑の様子が見られるミエファームを教育機関として初導入。

4月末から、スマートフォンに送られてくるミエファームが撮影した画像を通して野菜やフルーツの成長をもとに収穫時期を予想し、プロと同様、採れたての旬な食材を活用した製菓作りに活かしたという。

農園実習は非常事態宣言解除後の6月中旬から少人数チームで再開しているが、ミエファームを通して野菜やフルーツの日々の成長を感じ、雑草が茂っていれば農園実習時の作業は草むしりから行うことを決めるなど、作業の効率化に役立てているという。

関連URL

キューズ

レコールバンタン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス