1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」第3期生を募集開始

2020年8月19日

「ANRI基礎科学スカラーシップ/The ANRI Fellowship」第3期生を募集開始

独立系ベンチャーキャピタルANRIは18日、数学や物理学、生物学、化学などの分野において、実用化には時間がかかり得る基礎研究として重要な分野に取り組む学生を対象とした給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」を実施しており、過去2期に続き、第3期生となる奨学金受給希望者を10人募集すると発表した。

同社はこれまでに4本のファンドを立ち上げ、累計約300億円を運用し、未来を作る起業家の支援を行ってきた。

特に大学発ベンチャーを創業支援する中で、これまでの日本の発展に貢献してきた基礎研究に対して資金が集まりづらくなっており、学生には厳しい環境が続いているという。

そこで、短期的には結果を出すのが困難で事業化には直結しないような分野であっても、長期的には日本の科学技術に意味ある分野の研究支援として給付型奨学金プログラム「ANRI基礎科学スカラーシップ」を開始。

ANRI基礎科学スカラーシップの概要

給付金額:1人当たり50万円
募集人数:最大10人
給付対象期間:採択から1年
募集対象:数学や物理学、生物学、化学などの分野において優秀な成績を収めた学生
(具体的な年齢の制限は設けない)
選考方法:書類選考(必要に応じて面接も実施)
応募締切:9月18日(金) (10月末頃に給付生発表予定)
応募注意事項:
※下記以外の書類は用意ができないので注意する※
~ANRI提供可能資料以下3点のみ~
・ANRI学生向け研究費支給通知書
・寄附金申込書
・研究費使用規定
募集
※略歴、業績、投稿済み論文(有れば)

関連URL

ANRI

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス