1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. EnglishCentral、e-learning無制限プランとネイティブ講師レッスンの利用が可能に

2020年9月7日

EnglishCentral、e-learning無制限プランとネイティブ講師レッスンの利用が可能に

オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」を提供するEnglishCentralは4日、新たにネイティブ講師と1日1回オンライン英会話レッスンを受講可能な「ネイティブ1/day」(ネイティブ・ワンパーデー)と、e-learningを無制限に行うことができる「スタンダード」の2つのプランを販売開始したと発表した。

これにより従来から提供をしているプレミアムプランと、1日1回オンライン英会話レッスンを受講できる1日1レッスンプランを含め、4ラインがそろう。

同サービスは、2015年にオンライン英会話サービス「ラングリッチ」を吸収合併後、AIによるスピーキング判定などを実装した生きた英語を学べる動画学習と1回25分のレッスンを24時間受講できるオンライン英会話「GoLive!」の両面でサービスの充実を図ってきた。より一層の両者の充実を図る改訂の第1弾として、今回のプラン追加を行う。これにより動画学習に集中をしたい学習者には適切な価格での提供を可能とする一方で、オンライン英会話も含めた学習者にはネイティブレッスンなど受講者のニーズに応じた形のレッスンを提供できるようになる。

同サービスは、英語学習の基本である「聞く」「読む」「話す」が効果的に学習できるよう、教育学、脳科学、音声科学など最先端の研究をもとにGoogle社の投資子会社であるGoogle Ventures社の投資を受けて、アメリカで開発されたサービス。1万4000本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた数少ない総合英語学習サービスで、グーグルのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断により日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うことができる。また、これらの自己学習の成果を、「GoLive!」というオンライン英会話レッスンを通じて、さらに磨くことも可能。日本国内では、現在全国200以上の大学、中学校、高等学校で利用されており、ユーザー数は世界中で500万人以上。2017年から高校検定教科書デジタル教材としても日本全国で利用が開始されているほか、2018年からは学習管理システム(LMS)の「Classi」および「まなびポケット」の公式英語学習コンテンツとしての利用が始まっている。

関連URL

EnglishCentral

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス