1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「オープンバッジとは何か?」、財団が「紹介セミナー」をオンライン開催

2020年9月28日

「オープンバッジとは何か?」、財団が「紹介セミナー」をオンライン開催

オープンバッジ・ネットワーク財団は、最近日本でも注目されてきた「オープンバッジ」を分かりやすく紹介するセミナー「はじめてのオープンバッジ」を、30日と10月7・14日の3回、オンラインで開催する。

資格・スキル・能力などを示すものとして、デジタル証明/認証(Digital Credentials:デジタルクレデンシャルズ)の利用が急速に広まっているが、このデジタル証明を世界的な技術標準規格にしてプラットフォーム間の相互運用性を実現したのがオープンバッジ。

多くの企業・公的機関、資格試験団体、研修機関、大学・学校などがオープンバッジを続々と発行し、今やグローバルな学びのエコシステムが形成されつつあるという。

また、オープンバッジにブロックチェーン技術を取り入れることで、偽造・改ざんが困難で信頼のおける学習・資格証明書として教育研修分野にも新たな価値をもたらしている。オープンバッジの技術標準規格は、IMS Global Learning Consortiumが定めている。

今回のセミナーでは、世界標準規格によるデジタル認証サービスとはどのようなもので、どんなメリットがあるのか、様々な事例をふまえて紹介する。

また、同財団は4月に日本で初めてバッジ発行サービスを開始したが、信頼性の高いオープンバッジが安心して発行できるサービスについても案内する。

開催概要

開催日時:9月30日(水)、10月7日(水)、10月14日(水)、時間はすべて14:00~15:00(各回同じ内容)
開催方法:オンライン(ZOOMを使用)
内容:オープンバッジの基礎知識、人材開発における活用例、導入を検討する上での具体的な導入ステップの情報
対象:資格認定団体、研修団体、企業・団体、公的機関などの人事・教育の担当者
参加費:無料

詳細・申込

関連URL

オープンバッジ・ネットワーク

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス