1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. SIE、ロボット作品を開発できる「toio SDK for Unity」を無償で配信開始

2020年10月1日

SIE、ロボット作品を開発できる「toio SDK for Unity」を無償で配信開始

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月30日、ゲーム開発やインタラクション研究の現場でキューブ型ロボット「toio」を活用できるUnity対応ソフトウェア開発環境「toio SDK for Unity」が、開発元のモリカトロン社の公式サイトで無償で配信開始した。

toio SDK for Unityは、Unityでtoioのロボット「toioコアキューブ」を制御するための開発環境。これにより、スマートフォンやタブレットから手軽にキューブを動かし、Unity上の豊富なライブラリやアセットを利用して、ARと組み合わせた「触れるARゲーム」やAIを活用したロボット研究、インタラクティブなアートなどを開発・制作することができる。

キューブの動きをバーチャルな3D空間で再現したシミュレーター機能によりキューブの実機を使わずに画面上で動作が確認できるため、手軽で迅速かつ効率的に開発が行えるほか、大規模なロボット作品・行動シミュレーションへの発展も容易となる。

toio SDK for Unityの配信開始を受けて、toioとUnityを使った創作活動を支援する「ロボットやろうぜ!-toio &Unity作品動画コンテスト-」をユニティ・テクノロジーズ・ジャパンと共同で開催する。toioとUnityを使って作成してSNSなどで公開された作品動画を募集するオンライン作品発表型のコンテストとなっている。作品募集は10月10日~11月4日。11月6日にオンラインで受賞作品を発表する。

コンテストの詳細・申込

関連URL

「toio SDK for Unity」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス