1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. a.school、アウトプットを競うコンテスト「小学生探究グランプリ」を開催

2020年10月7日

a.school、アウトプットを競うコンテスト「小学生探究グランプリ」を開催

a.school(エイスクール)は、様々な職業を題材に、小学生がプロの仕事に挑戦しそのアウトプット(出力)を競い合う探究学習コンテスト「小学生探究グランプリ」の今年第2回目を、11月11日まで開催している。

第2回のテーマは「コピーライター」。「ことばで伝える」コピーライターに、子どもたちが挑戦する。「伊右衛門」「ザ・プレミアム・モルツ」などのコピーを生み出した小西利行氏をはじめとするプロフェッショナルが審査を担当。コンペ形式で優秀作品を選ぶ。

同グランプリは、子どもたちの探究的なアウトプット(表現・創作・企画など)を競い合う、日本初の小学生向け探究学習コンテスト。年3〜4回開催しており、2020年度は夏・秋・冬の3回を予定。

「建築家」をテーマに今年8月開催した第1回コンテストには、国内外から約100作品の応募があり、3作品が受賞した。

各回の募集テーマは、建築家・コピーライター・エンジニアなど、様々な「仕事・職業」に紐づいている。プロが取り組むような「お題」に挑戦することで、働く醍醐味を体感しながら仕事の本質にふれる。

電子データによる作品の提出から動画ライブ配信の最終審査会まで、オンラインで完結。国内外どこからでも参加できる。

開催概要

開催スケジュール:
・募集期間:9月14日(月)~11月11日(水)24:00まで
・結果発表:11月21日(土)16:00〜、Youtube上で生中継を予定
応募資格:12歳(小学6年生)以下
応募方法:①自分が好きな「作品」のコピー、②「小学生探究グランプリ」のコピー、③自分が注目する「社会問題」についてのコピー、の3つのうち、応募したい「お題」にあわせて応募する。1つの「お題」に対して最大5作品までの応募可能。つまり3つの「お題」に対して合計で最大15作品まで応募できる
表彰:①〜③の「お題」それぞれに対して、グランプリ(1作品)と優秀賞(2作品)を選定(全9作品)

詳細・申込

関連URL

第1回「建築家」の受賞作品

a.school

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス