1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI通訳機「ポケトーク」・東京・板橋区立の保育園36園で採用

2020年11月5日

AI通訳機「ポケトーク」・東京・板橋区立の保育園36園で採用

ソースネクストは2日、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」が、東京・板橋区立の保育園36園で採用され、利用が始まったと発表した。

板橋区には、人口の約4.7%となる27,232人の外国人が居住。年々増加する外国人児童や保護者とのコミュニケーションの向上を目的として導入された。

「POCKETALK」は、互いの言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できるAI通訳機。55言語を音声・テキストに翻訳し、20言語をテキストのみに翻訳できる。クラウド上の最新最適なエンジンとAIを使った翻訳精度の高さが特長で、長い文章も訳せる。世界133の国と地域で、そのまま使えるモバイル通信機能を内蔵し「契約不要、通信料なし(2年間)」で、買ってすぐ使える。

関連URL

板橋区

「POCKETALK」

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス