1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソフトバンク、骨格推定技術とAIを駆使したスポーツコーチングPFの実証実験開始

2020年12月11日

ソフトバンク、骨格推定技術とAIを駆使したスポーツコーチングPFの実証実験開始

ソフトバンクは10日、5G時代にふさわしいスポーツコーチングプラットフォームの商用化に向けて、骨格推定技術とAIを用いた実証実験を11月に開始したと発表した。

AIコーチングのロジック構築は、鹿屋体育大学が協力。実証実験では、骨格推定技術を活用した専用アプリ「コーチングAIカメラ」の利用や、映像解析AI「AIコーチング」によるアドバイスが、スポーツ技術向上に寄与できるのかを検証する。

「コーチングAIカメラ」には、利用者とプロ選手のフォームのマッチ度がスコア化される「プロ真似カメラ」と、利用者と上手な選手の骨格の動きを比較できる「くらべるカメラ」の二つの機能があり、「プロ真似カメラ」で比較ができるプロ選手は、福岡ソフトバンクホークスの選手や、B.LEAGUE所属のプロバスケットボール選手などを予定。「AIコーチング」は、バッティングフォームの映像をAIが解析し、改善のためのアドバイスをする。

今回の取り組みでは、部活動や地域のスポーツクラブにおける指導者不足という社会課題の解決や、スポーツ技術向上を目指す全ての人の技術向上をサポートすることを目指し、同社のコンテンツ配信サービス「5G LAB」での展開を予定する。

実証実験の概要

期間:11月~2021年3月31日
協力・参加団体:
スポーツ科学の視点に基づいたアドバイスの提供:鹿屋体育大学
専用アプリの検証:福岡ソフトバンクホークス、シーホース三河U15
気仙沼市教育委員会、徳之島町・徳之島町教育委員会、鹿屋体育大学、九州産業大学、仙台大学、石巻専修大学、他
※専用アプリの検証に参加する団体を、今後募集する。
詳細

関連URL

ソフトバンク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
主催:関西学院高等部、Classi株式会社 探求学習×ICTカンファレンス2021 GIGAスクール時代に考える探求学習の未来 開催日 2.20(土) 15:00-
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス