1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本ディープラーニング協会、G検定の英語版試験を1月30日に開催 申込受付開始

2020年12月24日

日本ディープラーニング協会、G検定の英語版試験を1月30日に開催 申込受付開始

日本ディープラーニング協会(JDLA)は、海外の優れた人材の取り込みに向けて、日本国内で既に3万人を超える合格者を輩出しているG検定の英語版試験を1月30日に初開催すると発表、22日から申込受付を開始した。

G検定は、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業活用する能力や知識を有しているかを検定する試験。2017年に創設されて以来、日本国内で累計3万人以上の合格者を輩出し、年々規模を拡大。

今回グローバルに拠点を持つ日系企業からのニーズや、外国人AI人材に対する需要の高まりを受け、そうした「ディープラーニングに関する知識・スキルを持った人材を育成する仕組み」を日本語話者以外の人にも広げる目的で英語版試験の実施を決定。

G検定は、ディープラーニング技術に関する最新知識だけではなく、AIの歴史や機械学習の基礎・AI利活用時に不可欠な知識である法的リスク・倫理を取り巻く議論など、ディープラーニングをビジネスに活用するために必要な幅広い知識を問う。

開催概要

試験日:2021年1月30日(土)14:00から(日本時間)
受験資格:制限なし
試験概要:試験時間 120分 / 出題数 220問前後/ オンライン実施(自宅での受験)
出題範囲:シラバスから出題
受験料:一般 100米ドル(税込)、学生 50米ドル(税込)
申込受付期間:12月22日(金) 13時~1月22日(金) 23時59分まで

詳細・申込

団体受験詳細・申込

関連URL

出題範囲(シラバス)

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス