1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ディープラーニング協会、「2022第1回G検定」の受験申込を開始

2022年1月18日

ディープラーニング協会、「2022第1回G検定」の受験申込を開始

日本ディープラーニング協会(JDLA)は17日、3月5日に実施予定の「2022年第1回ジェネラリスト検定」(G検定:JDLA Deep Learning for GENERAL 2022 #1)の受験申込みの受付を開始した。

G検定は、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して、事業活用する能力や知識を有しているかを検定するもので、3月5日13:00~120分間、オンライン(自宅受験)で実施予定。

受験料(税込)は一般1万3200円、学生5500円だが、前回受験日から2年以内なら半額(一般6600円、学生2750円)で受験できる「再受験制度」も設けられている。

今回の試験の再受験制度の適用は、「G検定2020#1」以降の受験者が対象。受験サイトで過去に受験した際のIDでログインし、受験申込すれば自動で割引料金が適用される。

また、「Coursera修了証付きコース」を受講し修了した人は、Coursera発行の修了証ページURLを提示すれば、30%引き(一般9240円、学生3850円)で受験できる。

JDLAでは、G検定対策に役立つ学習コンテンツのまとめを、公式サイトで公開している。次回のG検定(2022年第2回)は、7月2日の予定。

「第1回G検定」概要

試験日:3月5日(土) 13:00~
申込期間:1月17日(月)13:00~2月25日(金)23:59まで
試験概要:120分間、小問191問(前回実績)、オンライン実施(自宅受験)
出題範囲:シラバス から出題
受験資格:制限なし
受験料(税込):一般1万3200円、学生5500円(再受験制度対象者は半額)
詳細

申込み (クレジットカードまたはコンビニ決済)

団体経由申込:2月18日(金) 23:59まで
詳細

関連URL

「G検定対策学習コンテンツ」

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス