1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Yahoo! JAPAN、個人に対する誹謗中傷などを内容とする投稿への対応や今後の方針を策定

2020年12月24日

Yahoo! JAPAN、個人に対する誹謗中傷などを内容とする投稿への対応や今後の方針を策定

Yahoo! JAPANは22日、「プラットフォームサービスの運営の在り方検討会」から、個人に対する誹謗中傷などを内容とする投稿への対応について、取り組みの見直しと強化、透明化などを促す提言書を受け、対応をより一層強化すると発表した。

「Yahoo!ニュース コメント」や「Yahoo!知恵袋」などの投稿系サービスを提供する同社は、これまでも、誹謗中傷投稿への対策や、不適切な投稿の排除に取り組んできたが、社会状況の変化などにより、既存の取り組みの強化だけではない、複合的な対策が求められているという。

誹謗中傷投稿への対策については、削除基準やそれに基づく措置件数、AIを用いた措置に関するアルゴリズムや合理性を担保するための制度設計に関する説明など、世間に対し説明を尽くしていくことの重要性を強く認識し、来年春以降に透明性レポートの作成および公表を進める予定。

同検討会座長の山本龍彦氏(慶應義塾大学大学院法務研究科教授)は、ネットの言論空間のモラルや秩序は未確立で、さまざまな課題があり、中でも対応が急がれるのは、個人が直接の犠牲者となる誹謗中傷投稿だとコメント。AIの積極活用など、抑止のためのさらなる取組みを提言すると同時に、それによって闊達な表現活動が過度に萎縮することがないよう、徹底した透明性やアカウンタビリティを求めるのみならず、誹謗中傷投稿による痛ましい事件がネット空間で二度と起きぬよう、誠意をもって取り組むことを期待するとした。

提言書全文PDF

提言書を踏まえたYahoo! JAPANにおける主な方針概要PDF

関連URL

ヤフー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi GIGAスクール 1人1台端末導入を見据えICTの効果的な活用を考える 2021.2.19(金) 16:00- 三浦隆志先生 大林一真先生
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス