1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. Urban Innovation JAPAN、川西市とのプロジェクトで2社を採択

2021年1月19日

Urban Innovation JAPAN、川西市とのプロジェクトで2社を採択

Urban Innovation JAPANは18日、兵庫県川西市と取り組むプロジェクトで同市の地域・社会課題解決を目指す2社を採択したと明らかにした。

Urban Innovation JAPANは、日本全国の自治体とスタートアップが協働する新たな地域課題解決プロジェクト。今年度から川西市とともに実施している「Urban Innovation KAWANISHI」で、新たに2つの課題に取り組むスタートアップ2社を採択した。

同プロジェクトのウェブページから応募のあった26社に対して、書類選考および面談を実施し、チームの優秀度、課題の理解度、職員との協調性、新規性・創造性、継続性・収益性の基準から審査の上、2社を採択した。

課題「官民連携で空き家のデータベースを構築・活用し、今までにない空き家の流通基盤をつくりたい!」では、業務用モバイルアプリ開発プラットフォーム「Unifinity」を提供するユニフィニティーを、もう一つの課題「保育士の勤怠管理、給与支払をデジタル化し、事務作業を大幅に減らしたい!」では、保育施設向け業務支援システム「KIDSNAキズナコネクト」を提供するネクストビートを、それぞれ採択した。

今回採択された企業とそれぞれの課題を所管する部署の職員が、今月から約3カ月をかけてサービスの協働開発から試行導入、実証実験に取り組み、サービスの本格導入を目指す。これらの取り組みを通じて、行政のデジタル化などによる地域課題の解決とスタートアップの育成、さらには経済の活性化を図っていく。

関連URL

「Urban Innovation KAWANISHI」

ユニフィニティー

ネクストビート

Urban Innovation JAPAN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス