1. トップ
  2. 学校・団体
  3. みらい翻訳、神戸市立葺合高校でAI翻訳ツール活用したワークショップを開催

2021年1月19日

みらい翻訳、神戸市立葺合高校でAI翻訳ツール活用したワークショップを開催

みらい翻訳は18日、ドコモのAI翻訳サービス「はなして翻訳」を体験しながら、AI翻訳の有用性や今後の活用方法などを議論・学習するワークショップを、1月22日にオンラインで開催すると発表した。

神戸市では昨年10月から、神戸市立葺合高校、NTTドコモ及び「みらい翻訳」と連携して、AI翻訳サービスの利便性向上や生徒の語学力向上、AI翻訳などに関する知識の醸成に向けた取組みを実施。今回のオンラインワークショップは、同取組みの一環として開催する。

ワークショップ開催概要

開催日時:1月22日(金)15:20~17:00
開催方法:Webexを利用したオンライン開催
実施場所:神戸市立葺合高校[神戸市中央区野崎通1-1-1]
内容:
・ドコモのAI翻訳サービス「電話翻訳」を使って、生徒が外国人との多言語コミュニケーションを体験
・海外のホテル予約やレストランでの会話など、実際の利用シーンを模した体験を通して、翻訳ツールの活用方法の理解やAIとの共存方法についての検討機会にする
参加者:すぎな会(ボランティア部)、ESS(English Speaking Society)に所属する生徒11人

関連URL

葺合高校・ドコモ・みらい翻訳のAI翻訳に関する取組み

葺合高校

みらい翻訳

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス