1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みらい翻訳、「Mirai Translator」でテレワーク支援アカウントを無償提供

2020年4月17日

みらい翻訳、「Mirai Translator」でテレワーク支援アカウントを無償提供

みらい翻訳は15日から、TOEIC960点レベルの機械翻訳サービスMirai Translatorをテレワークで簡単に利用できるアカウントを準備し、既存ユーザおよび新規ユーザに対して無償で提供している。

現在、多くの企業において、新型感染症の拡大を防ぐためにテレワークをはじめとする様々な対策が講じられ、事業継続性に対する施策等の検討が急速に進められる中、在宅勤務等のテレワーク中でも、安心・安全に精度の高い機械翻訳サービスを利用したいという要望を多く聞くという。みらい翻訳は、このような要望に応えるため、「Mirai Translatorテレワーク支援アカウント無償提供」を実施する。

対象ユーザは、Mirai Translatorサービスを利用中の既存ユーザでテレワークのサービスでも利用を希望する人、新規でMirai Translatorサービスをテレワークでトライアル利用を希望する人。

期間は、既存ユーザは4月15日から6月30日まで受付、利用開始後、2カ月間無償で利用可能。新規ユーザは4月15日から5月31日まで受付、利用開始後、1カ月間無償利用可能(継続利用する場合は、別途申込みが必要となる)。

利用方法は、現在Mirai Translatorを利用中の人は、販売代理店経由で申し込み可能。新規に本施策のトライアルを希望の人は、下記リンクにある販売代理店へ連絡するか、みらい翻訳コーポレートウェブサイトから申し込みが可能。

関連URL

テレワーク支援トライアル詳細・申込みフォーム

販売代理店

みらい翻訳

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス