1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. みらい翻訳、Mirai Translatorをテレワーク環境で利用可能なサービスを正式提供開始

2020年6月3日

みらい翻訳、Mirai Translatorをテレワーク環境で利用可能なサービスを正式提供開始

みらい翻訳は1日、TOEIC960点レベルの機械翻訳サービスMirai Translatorをテレワーク環境で安全・安心に利用できるサービスの正式提供を開始した。

新型感染症の感染拡大の対策として、多くの企業においてテレワークによる対応を実施している中、同社も4 月15 日から「Mirai Translatorテレワーク支援アカウント」を無償提供していた。

利用中の多くの人からの「継続利用したい」という声に応え、テレワーク支援アカウントの継続利用、かつテレワーク環境からも安全・安心に利用可能とするワンタイムパスワードによる2 段階認証を選択可能な「Mirai Translator(テレワークタイプ)」を正式提供開始。またテレワーク環境等、様々な利用形態に対応するために、ワード数定額プランをリニューアル提供する。

現在Mirai Translatorを利用中の人は、販売代理店経由で申込みが可能。新規利用は、販売代理店へ連絡するか、同社ホームページから申し込みが可能。

Mirai Translator(テレワークタイプ)の概要

■在宅勤務等のテレワーク環境等でMirai Translatorの全プランが利用可能
■ISO/IEC27001およびISO/IEC27017の認証を取得している同社が、高度なセキュリティ要件に準拠した運用を実施
■日本国内サーバでの運用、全登録データの暗号化、翻訳処理データを直ちに削除等を実施
■テレワークタイプ専用のサーバ環境で運用し、専用URLで提供
■ID/パスワード認証に加えて、時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)を利用した2段階認証を選択できるため、テレワーク環境からも高いセキュリティを確保して利用可能

Mirai Translatorワード数定額プランリニューアルの概要
■利用ワード数が12 万ワードから利用可能(従来は48 万ワードから利用可能)
■登録可能ユーザ数が500 ID までに拡大(従来は200 ID まで)
■上限ワード数に達した後も、追加ワード数を5万ワード単位で追加可能(従来は15万ワード単位)

関連URL

Mirai Translatorトライアル申込フォーム

Mirai Translator販売代理店

みらい翻訳

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス