1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Sky、コンピュータ教室をサポートする学習活動ソフト「SKYMENU Pro 2020」を発売

2020年6月3日

Sky、コンピュータ教室をサポートする学習活動ソフト「SKYMENU Pro 2020」を発売

Skyは1日、コンピュータ教室での学習活動をサポートする学習活動ソフトウェア「SKYMENU Pro 2020」(スカイメニュープロ2020)を開発し、販売を開始したと発表した。

「SKYMENU Pro」は、コンピュータ教室において高速で安定したネットワークに接続し、豊富なコンテンツとデータ管理のできる1人1台のコンピュータを活用した主体的な学びと、正解のない課題に向かって対話的・協働的に解決していく新たな学びをめざした学習活動をサポート。

同製品の新機能1つ目は、考えの揺れ動きを可視化する「ポジショニング」。子どもたちが、与えられた課題に対する自分の考え(立ち位置=ポジショニング)を、マーカで配置して示すことができる。考えの変化に応じて何度でもマーカを再配置でき、その変容の過程を自動的に記録。考えの「ゆらぎ」を可視化して振り返ることが可能。

2つ目は、校内の情報がすぐに共有できる連絡板「電子連絡板」。各教室や教職員間での校内情報の共有に活用できる電子連絡板。各教室の大型提示装置で電子連絡板を表示しておけば、子どもたちへお知らせを周知できる。また、先生が使用している校務用端末で閲覧することも可能。

3つ目は、専用USBメモリを使い、コンピュータの制限設定解除【災害時設定解除】。災害の際には、近隣住民の避難所ともなる学校。緊急時の情報収集や連絡手段として、コンピュータが自由に使えるよう、専用USBメモリを接続することで、学習者用に設定した各種制限設定を解除することが可能。

関連URL

SKYMENU Pro 2020

Sky

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス