1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 神戸市×NTTドコモ×みらい翻訳、AI翻訳を活用した実証事業を開始

2020年6月30日

神戸市×NTTドコモ×みらい翻訳、AI翻訳を活用した実証事業を開始

神戸市とNTTドコモ、みらい翻訳は29日、通訳・翻訳が必要な外国人住民などに対し、NTTドコモとみらい翻訳が提供するAIを活用した翻訳ソリューション「はなして翻訳」および「Mirai Translator」を活用した「神戸市ドコモAI翻訳実証事業」を実施すると発表した。

同事業は、昨年3月に神戸市とドコモが締結した「ICTを活用した安全安心なまちづくり」を目的とする協定の取り組みの1つで、AIを活用した翻訳を利用することで、大規模災害時の避難所対応など、通訳者が確保できない場合でも、外国人住民への円滑な対応を実現することを目指している。

加えて、翻訳アプリを搭載したタブレットを使用することで、非接触での対応が可能になり、人の密集を避けることができるため、新型コロナウイルスの感染防止対策としての活用も目指す。

実証事業期間は今年7月1日~10月30日。「はなして翻訳」を活用した区役所での窓口業務/訪問業務における通訳多言語対応の強化、および、Mirai Translatorを活用した市役所・区役所における文書の迅速な多言語対応の強化を目指す。

各アカウントの日別利用回数や時間帯別利用割合、言語別利用割合などを集約することにより、市・区役所業務における多言語対応状況を可視化するとともに、翻訳を行った単語や文章を集計し、頻出する固有名詞や専門用語を洗い出していくことで、翻訳精度の向上を検討していく。

また、他の翻訳・通訳サービスに対し、市民に正しく伝わっているか、応対時間が短縮できているかなどを検証し、費用対効果を含め、本格導入の是非を総合的に判断する。

関連URL

「はなして翻訳」

Mirai Translator

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス