1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国立科学博物館、オンラインセミナー「サイエンスコミュニケーション初級編」開講

2021年1月19日

国立科学博物館、オンラインセミナー「サイエンスコミュニケーション初級編」開講

国立科学博物館は、「サイエンスコミュニケーション初級編」と題するオンラインセミナーを、2月15日~3月15日まで開講する。

この講座は、「多くの人に科学への関心を持ってもらうにはどうすればいいのか?」、「博物館で行われているコミュニケーションってどんなもの?」など、サイエンスコミュニケーションに関心がある博物館学芸員や一般の人(大学生以上)を対象に、オンデマンド型動画でサイエンスコミュニケーションの基本が自宅で気軽に学べる。

オンデマンド型講座は、動画配信期間内であれば、受講者が受けたいときにインターネットにアクセスして何度でも講座を視聴することができる。

講座概要

動画配信期間:2月15日(月)~3月15日(月)
開講方法:オンデマンド(動画視聴)型講座
応募締切:2月1日(月)
講義内容:
①「サイエンスコミュニケーション事始め」(講師:渡辺政隆・日本サイエンスコミュニケーション協会長)
➁「博物館の機能とサイエンスコミュニケーション」(講師:小川義和・国立科学博物館調整役)
➂「地域における科学コミュニケーション活動の拠点づくり」(講師:代島慶一・静岡科学館企画担当・主査)
対象:博物館の学芸員、一般の人(大学生以上)
コマ数:3コマ(1コマの講義60分程度)
受講人数:100人(応募者多数の場合は抽選、結果は2月3日以降にメールで連絡)
受講料:5000円 (国立科学博物館大学パートナーシップ入会校の学生は2500円)
受講条件:動作性能が安定しているパソコンなどの端末とインターネット環境が必要

詳細・応募

関連URL

国立科学博物館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス