1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国立科学博物館、オンラインセミナー「サイエンスコミュニケーション初級編」開講

2021年1月19日

国立科学博物館、オンラインセミナー「サイエンスコミュニケーション初級編」開講

国立科学博物館は、「サイエンスコミュニケーション初級編」と題するオンラインセミナーを、2月15日~3月15日まで開講する。

この講座は、「多くの人に科学への関心を持ってもらうにはどうすればいいのか?」、「博物館で行われているコミュニケーションってどんなもの?」など、サイエンスコミュニケーションに関心がある博物館学芸員や一般の人(大学生以上)を対象に、オンデマンド型動画でサイエンスコミュニケーションの基本が自宅で気軽に学べる。

オンデマンド型講座は、動画配信期間内であれば、受講者が受けたいときにインターネットにアクセスして何度でも講座を視聴することができる。

講座概要

動画配信期間:2月15日(月)~3月15日(月)
開講方法:オンデマンド(動画視聴)型講座
応募締切:2月1日(月)
講義内容:
①「サイエンスコミュニケーション事始め」(講師:渡辺政隆・日本サイエンスコミュニケーション協会長)
➁「博物館の機能とサイエンスコミュニケーション」(講師:小川義和・国立科学博物館調整役)
➂「地域における科学コミュニケーション活動の拠点づくり」(講師:代島慶一・静岡科学館企画担当・主査)
対象:博物館の学芸員、一般の人(大学生以上)
コマ数:3コマ(1コマの講義60分程度)
受講人数:100人(応募者多数の場合は抽選、結果は2月3日以降にメールで連絡)
受講料:5000円 (国立科学博物館大学パートナーシップ入会校の学生は2500円)
受講条件:動作性能が安定しているパソコンなどの端末とインターネット環境が必要

詳細・応募

関連URL

国立科学博物館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス