1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本標準、GIGAスクール構想に対応したオンライン教材配信システム「StudyPot」を開発

2021年3月2日

日本標準、GIGAスクール構想に対応したオンライン教材配信システム「StudyPot」を開発

小学校の教材・教具などを発行する日本標準は1日、GIGAスクール構想でのタブレット・PC1人1台の環境において、学習プリントの配信・学校教材紙面の閲覧ができるオンライン教材配信システム「StudyPot」を、2021年度から配信を開始すると発表した。正式版のリリースは4月1日、現在は先行でお試し版のサービス提供が開始している。

2021年4月から、GIGAスクール構想による環境での学校教育がスタートする。同社では、教師が多忙といわれるなか、新しい環境下で学校教材をより効率的、効果的に使用できるよう、調査や研究をしてきた。その結果、現在発行している学校教材を端末に配信、閲覧することで、教材紙面とタブレットを併用した学習の提案、オンライン授業や児童一人ひとりに寄り添った学習支援ができると、オンラインで教材が配信できるシステム「StudyPot」の開発に至った。

同システムは、紙面教材の採択と連動した、無料で使用できるクラウドシステム。学習プリントの配信(ダウンロード、印刷)と、学校教材紙面を閲覧することができ、教材紙面からアプリに遷移することで、効果的な学習が期待できる。全国の小学校の専用サイトが開設されており、登録不要ですぐに使用でき、個人情報の取り扱いがないため、安全に使用することができるなどの特徴を持つ。

同システムに対応する教材には、国語、算数、理科、社会のプリント集、くりかえし漢字ドリル、くりかえし計算ドリルの紙面データ(一部)、国語形成プリント、算数形成プリントのルビ付き版紙面データ(一部)などが用意されている。

関連URL

日本標準

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス