1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブラーニング「すらら」、メキシコの日本人学校が導入・活用

2021年3月17日

AI×アダプティブラーニング「すらら」、メキシコの日本人学校が導入・活用

すららネットは16日、同社のAI×アダプティブラーニング「すらら」が、メキシコ合衆国グアナファト州の「グアナファト日本人学校」に導入され、コロナ禍で登校が難しい状況下で家庭学習や授業時間内で活用が進んでいると発表した。

同校では、昨年10月から「すらら」の導入を始め、新型コロナ拡大に伴い様々な制約が課された教育環境の中で、全50人の児童・生徒の学習をサポートしている。

メキシコでも、新型コロナの感染拡大に伴い、日本人学校を含む全ての学校に臨時休校指示が出され、現在も登校できない状態が続いており、一時帰国した児童・生徒も含め、オンラインでの授業を継続している。

こうした状況の中、レクチャー、ドリル、テストにワンストップで取り組め、教員の負荷を抑えつつ個別最適化が実現できる「すらら」の導入が決定した。

現在は、児童・生徒の自主学習に加え、教員が主導し授業内でも活用。昨年12月に始まった、「すらら」学習者が努力の量を競う大会「すららカップ」の学校対抗部門にもエントリーし、日本の学校も含めた全体で5位に入賞している。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会 5教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブな eラーニング教材。

レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能で、一人ひとりの習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。

関連URL

「すらら」

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス