1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. techtec、オンライン学習サービスPoLが学習履歴をNFTで証明へ

2021年3月30日

techtec、オンライン学習サービスPoLが学習履歴をNFTで証明へ

techtecは29日、同社が運営するオンライン学習サービスPoL(ポル)のカリキュラムを学習したことを証明する修了証を、NFTとして発行する取り組みを開始した。

PoLは、学習履歴をブロックチェーンに記録するeラーニングプラットフォーム。ブロックチェーンに記録されるデータは、改ざんが困難かつ高い透明性を誇る。そのため、管理者の恣意性を排除した真に正しい学習データを生成することができるという。PoLでは、この正しい学習データを活用することで学習歴社会の実現を目指す。

また長年培ってきたブロックチェーン関連サービスの運用実績を元に、企業のブロックチェーン事業の立ち上げ・学習環境の整備をサポートする「PoL Enterprise」も提供中。

2020年8月には、経済産業省の主導する2020年度IT導入補助金制度における「IT導入支援事業者」に、PoL Enterpriseが暗号資産・ブロックチェーン関連サービスとして初めて認定された。

PoLでは、「仮想通貨」「ブロックチェーン」「ブロックチェーン応用」の3つのカリキュラムを無料で受講することができる。今回は、「仮想通貨」「ブロックチェーン」のカリキュラムを受講したことを証明する修了証の発行を、NFTを使って行う。

発行されたNFTは専用のアナリティクスを使用することでブロックチェーンに記録されていることを確認することができる。修了証NFTは、イーサリアムのサイドチェーンであるxDAIチェーンを利用して発行。xDAIチェーンは、PoAのアルゴリズムを採用することで高いスループットを実現したサイドチェーン。

現時点で発行される修了証NFTは、PoLの運営会社であるtechtecが発行までのプロセスを手動で確認しながら対応。受講者の情報と学習履歴、修了証取得テストにおけるスコアを目視することでNFTの発行可否を判断しているという。そのため、必要な情報が揃わない場合にはNFTの発行ができない場合がある。なお、修了証をNFTで発行する際には手数料やウォレットの作成が必要。

このようなスキームにしている理由としては、ユーザーがxDAIチェーンやxDAIトークンなどの個別要素を気にすることなく修了証NFTを発行できるよう、ユーザーフレンドリーを最優先したためだという。

関連URL

PoL

techtec

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス