1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スモールブリッジ、「カフェトーク」で英語学習プログラム「Hapa School」を販売開始

2021年3月30日

スモールブリッジ、「カフェトーク」で英語学習プログラム「Hapa School」を販売開始

スモールブリッジは25日、「Hapa英会話」による英語学習プログラム「Hapa School」の春期コースをカフェトーク内で販売開始した。

Hapa Schoolとは、日米ハーフJun Senesac(ジュン・セネサック)が運営するPodcastや動画コンテンツから文化情報を含めた内容まで、実践的な英語をわかりやすく学べる英語学習サイト「Hapa英会話」による、オンライン英語学習プログラム。同社は、HAPA英会話とコラボレーションを継続して行っており、今回2021年春期コースを販売開始した。

対象レベル目安は、TOEIC400点〜550点程度(英検準二級〜二級程度)。学習期間は、4月11日~6月6日の8週間。費用は1万4千960円(税込)。

教科書で紹介される英語と実際に現地で使われる英語には大きなギャップがあり、日常英会話力を向上させるにはその溝を埋めることが重要。Hapa Schoolで提供されるコンテンツはそんな溝を埋めるために開発されており、日常の様々なシーンを想定して作られたカリキュラムに取り組むことで、着実に実践で使える自然な英語力を身に付けることができる内容だという。

関連URL

「Hapa School」の春期コース

スモールブリッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス