1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネクストジェンのIP-PBXが名古屋工大のインフラに採用

2016年5月6日

ネクストジェンのIP-PBXが名古屋工大のインフラに採用

ネクストジェンは4月28日、西日本電信電話 (NTT西日本)が構築した、名古屋工業大学の次世代コミュニケーションインフラ「マルチモーダル・ユニファイドコミュニケーションシステム」の中核となるIP-PBXとして、「NX-C1000 for Enterprise」が導入されたと発表した。

名古屋工業大学では、次世代のコミュニケーションインフラとして、IP-PBX、レガシーPBX及びユニファイドコミュニケーションシステムを相互利用できるシステムと、出欠システム等を統合した「マルチモーダル・ユニファイドコミュニケーションシステム」を構築。

今回のシステムで、ネクストジェンはNTT西日本の提案を受けて、「NX-C1000 for Enterprise」を導入。「マルチモーダル・ユニファイドコミュニケーションシステム」においては、IP-PBXである「NX-C1000 for Enterprise」とレガシーPBX及びユニファイドコミュニケーションシステムとして採用されたMicrosoftの「Skype for Business」配下の各端末・ユーザーとの相互接続を実現している。

これにより、IP-PBX、レガシーPBX、ユニファイドコミュニケーションシステム配下の端末・ユーザーが、システムの相違を気にすることなく、相互に通話し、ピックアップ等のコミュニケーションや操作を行うことが可能となった。
また、「NX-C1000 for Enterprise」に対して、各システム配下のユーザーデータの一括登録や各ユーザーでブラックリストの登録も可能となっており、運用面での大きなメリットが出ているという。さらに、レガシーPBXを組み入れることにより、災害時の非常用連絡システムとしても機能している。

「NX-C1000 for Enterprise」は、オンプレミス、クラウドどちらにも適用できるマルチテナント対応アーキテクチャーであることや、既存のPBXやユニファイドコミュニケーションシステムをはじめとした各システムとの相互接続が可能な柔軟性、導入・保守運用費用の低減、仮想化環境での稼動など、ソフトウェアPBXならではの利点のほか、自社製のSIPスタック採用であることによりカスタマイズ対応も可能といったネクストジェンの技術力も評価され、今回の採用・導入に至った。

関連URL

NTT西日本 導入事例

ネクストジェン

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス