1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大、学生の学修成果を可視化・検証できる「アセスメントテスト」を導入

2021年4月20日

武蔵野大、学生の学修成果を可視化・検証できる「アセスメントテスト」を導入

武蔵野大学は19日、学生の学修成果を可視化・検証できる、ベネッセi-キャリア社のアセスメントテスト「GPS-Academic」(GPS:Global Proficiency Skills program)を4月から導入したと発表した。

同学では、「GPS-Academic」を大学教育や大学改革の成果指標として活用。教員は学生の学修成果について把握し、効果的な指導やコミュニケーションができる。

また学生は、学修成果の可視化を通して自身の強み、弱みを客観的に把握し、学修行動の強化・改善につなげることができる。

「GPS-Academic」は、大学教育を通じて身に付けるべき能力を客観的に評価できるオンライン型のテストで、2018年にスタート。

客観的な能力としての「思考力」の評価と、問題解決に向かう「姿勢・態度」の評価、問題解決の力を培う「経験」の行動面での自己評価、学生の満足度など意識を測る「アンケート」から構成されており、学生を多面的に評価することができる。

「GPS-Academic」概要
・学部共通で保証すべき汎用的スキルを測定
・音声や動画を用いた出題形式で、日常シーンでの思考力が測れる
・スコア型の絶対評価で、成長を可視化できる
・客観評価と主観評価のギャップを可視化
・受検後、即時に成績票を確認できる
・受検結果を、就職準備・就職活動に利用できる
・大学内、自宅での受検の両方に対応

関連URL

武蔵野大「教育方針とアセスメント」

武蔵野大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス