1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ICT学習教材「玉井式 図形の極」、インド政府立学校4校で採用

2021年4月15日

ICT学習教材「玉井式 図形の極」、インド政府立学校4校で採用

タマイインベストメントエデュケーションズは14日、同社の学習教材「玉井式 図形の極」が、インドの首都デリー地域にあるインド政府立の小中高一貫校(KVS)4校で採用されたと発表した。

KVSは、ヒンディー語のKendriya Vidyalaya Sangathan(日本語に直訳すると「中央学校組織」)の3つの単語の頭文字を組み合わせた言葉で、インド政府直轄運営の小中高一貫校。昨年10月現在、インド全土で1245校が運営されている。

そのうちの首都デリー地域にある4つの学校「R.K.Puram」、「Khichripur」、「BSF Chhawala」、「Rohini」で、「玉井式 図形の極」が採用された。

4月からの授業開始に先駆け、4月8日・9日に、同社の現地法人スタッフが学校を訪れ、担当教員の研修を実施。各校では、それぞれ4~5人の教師が研修に参加した。

「玉井式 図形の極」は、2014年に英語版がリリースされて以降、インド東部の都市ランチーにある10校のKVSが導入した実績があり、学習者からの評価も高かったことから、今回の「採用第2弾」という運びになった。

採用後1年間の導入検証を経て、2022年からは50校に採用が拡大する可能性もあり、同社はインド法人「タマイオネットムインディア社」のサポート体制をさらに増強していく予定。

また、同社は昨年12月にも、インドの名門大学「ランチー大学」(Ranchi University)で同社の日本語学習教材「KIWAMI Japanese」が採用・導入されている。

関連URL

タマイオネットムインディア

タマイインベストメントエデュケーションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス